FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二種類の桜餅

今回は春にぴったりの和菓子・桜餅の話です😄
桜の香りとお餅のピンク色がいかにも春!という感じで気分も明るくなります✨
昔から春のお菓子として人気がある桜餅ですが、東日本と西日本では違いがあります。




⚫東日本の桜餅
「長命寺」とも呼ばれています。クレープのような見た目です。
餡を包む皮は、小麦粉に水を混ぜて薄く焼いたもので作られています。
モチモチした食感が特徴です。
江戸時代に生み出されたお菓子で、餡はこしあんで、皮を巻く桜の葉は塩漬けにされています。


⚫西日本の桜餅
「道明寺」とも呼ばれています。見た目は饅頭に似ています。
「道明寺粉」という、餅米を一度蒸して、乾燥させ砕いたものを再び蒸して色付けし、餡を包んで作ります。餅米のツブツブとした食感を楽しめます。

⚫桜餅の葉っぱは何のため?
桜餅を包む葉は、お餅の乾燥を防ぐ為に使われている、と言われています。
葉っぱまで食べる派、食べない派がいますが、基本的にはどちらでも良いみたいです😅
(私は噛みきれなくていつも残してましたが😵
食べる派の知人が、塩味と香りが絶妙と言ってました。)

また、桜の葉に含まれる「クマリン」という物質は、肝臓に悪いもののようです😲
かと言って、毎日大量に摂取しない限り特に問題ないようですから、あまり過敏にならなくても良さそう。桜の葉っぱを何十枚も食べることなんてないだろうし( ̄▽ ̄;)
桜餅に付いてる葉っぱ2、3枚くらいじゃなんともないみたいです😄

今回は二種類の桜餅について書きました。
私は桜餅なら関東の長命寺なんですが、関西の道明寺も食べてみたいです😄
食感や風味の違いも気になります。
今年は、両方の桜餅にチャレンジしてみようと思います❗






お菓子・デザートランキング

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ちょこ

Author:ちょこ
甘いものが大好きなアラサー女です。
食べたスイーツや贈り物にもぴったりなお菓子を紹介していきます!最近はミントチョコにドハマり中。
ご挨拶

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。